家族が鬱になったら何をしたらいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実は娘が鬱なんです
何をしたらいいでしょうか?


こんにちは
人生の助産師 市之瀬麻子です

先日はわたしの心の母校
日本メンタルヘルス協会へ
再受講に行ってまいりました

3年前に卒業しているのですが
月に1度 通うことにしています

行くたびに新鮮な学びがあり
いつでも暖かく迎えてくれる場で
わたしなりのセルフラブをしに行くのです

**

冒頭に書きましたが
学び始めたばかりの方から質問されました

お嬢さんが鬱になっているそうです
何かできることはないか?とのご質問

これは鬱に限らず
どんな心の病氣 体の病氣にも
共通で言えることなので
ここでお伝えしますね

わたしは
何事も前提が大事だと考えていますので
まず
わたしの前提を書きます

これは
市之瀬麻子 個人の意見だということです

これを読んで
その通りにする必要はありません

これはとても重要なことです

わたしたちは
少しでも自分より権威のある人の意見を
考えもしないで
そのまま受け入れてしまいがちです

特に先生や医師などの意見は絶対だ
となりがちですが

それはとても危険なことです

大切なのはいつでも
自分の意見 自分の意志です

ひと通り読んでみて
自分で納得できたら採用する
違うと思ったら採用しない
そんなスタンスでいてほしいと願います

**

まず前提なのですが

ほとんどの方が前提が違います

鬱や癌になると
悪いことが起きた
問題だからどうにかしなくてはならない
と考えます

そもそも
良いか?悪いか?の二択が
カン違いの元なのです

そうではなくて
健全な前提は

たとえ鬱であろうが癌であろうが
そこに問題はないのだという考えです

誰もが今ベストの状態だということ
誰にも問題がないということ

なぜ
鬱でないあなたが良くて
鬱である娘さんが悪い状態なのでしょうか

なぜあなたがそう判断できるのでしょうか

これは
病氣が悪いものだという社会概念から
来ているのかもしれません
そう社会が仕向けているから

そもそも
良い悪いは
個人の見え方 捉え方にすぎません

あなたにとって良いことが
娘さんにとって良いこととは限らないのです

良いも悪いも無く
この宇宙では必要なことしか起きません

必要なことが
必要なタイミングで起きている

それだけです

わたしたちは
自分と他人を同じように見てしまいがちですが

自分と娘さんとでは
そもそも
人生のゴール 目的が違います
ゴールする時期も違います

それぞれのゴールに対して
必要な体験が違うだけです

さらにもう一つ
混乱を恐れずに言うならば
鬱さんという人も
癌さんという人も
存在しません

わたしの娘は鬱です
ではなく
わたしの娘は今
一般に鬱と呼ばれている状態だ
というだけです

では
鬱状態である娘さんに何が起きているのか

それは
あなたのゴール方向は
今までの延長線上ではないよという
お知らせが来ているということ

一旦止まって
軌道修正をして
あなたの本当に望む方向に向かいなさい
というサインです

そのサインが
たまたま
鬱状態であり癌状態であるというだけです

では
家族として何ができるのか?

まず「娘さん」に対して
何かできると思わないことです

何とかしてあげたいという氣持ちは
わかりますが

実際には
何もしてあげられないのです
何もして「あげる」必要がないのです

たとえ家族でも
自分以外の人間の課題を解決することは
できません

自分のことにしか責任を持てないのです

その上で
家族が「ご自身に」対してできることは
2つ

1. 娘さんを信じること
2. 娘さんの居場所をつくること

人は同じ状態に居続けることができません

変化するのが普通なのです
必要なタイミングが来たら変わっていきます

そのタイミングは
娘さんにしか分かりません

そして
外側から何かやったから
変化するのでは無く

娘さんが
自分の内側から変化を起こさない限り
変化は起きないのです

ご家族にできるのは

今の娘さんが
ありのままでベストな状態であること

娘さんが変化する力を持っていること
そのタイミングを知っていることを

全面的に信じること

そして

居場所をつくってください

今の鬱状態のまま
ありのままのあなたで
ここに居ていいんだよ
という場をつくってください

人は本能として
集団欲求を持っています

一人では生きづらい生き物なのです

家族に受け入れられている
と思えることは
とても大きな安心につながります

具体的には

娘さんに対して
ありがとうという感謝を伝えること

娘さんが鬱状態になることは
家族にとっても成長の機会です

あなたが鬱の状態になって
色々と考える機会ができたよ ありがとう

ご飯を食べてくれてありがとう
この家族に産まれてくれてありがとう

今最悪だと思えるような辛い状態でも
ここに居ていいんだ
自分が家族の役に立っているんだ
感じてもらえるように

それだけで
人は強くなれると信じています

そして娘さんが
ご自身から何かしたいことが出てきたら
命 犯罪に関わること以外は
全面的に協力してください

否定することなく
娘さんの選択を信じて
受け入れるようにしてください

力んでも空回りするばかりです
まずは深呼吸

あなたがリラックスモードで
いられますように

**

わたしの提供している
タッチフォーヘルスをはじめとする
キネシオロジーのセッションは

ご自身が内側から変化を起こすのに
最適のツールです

どんな心の状態 体の状態にも
対応が可能ですが

こういう方法もあるよという
情報だけはお伝えして
強要はしないでください

選択権はご本人にしかありません

どんな優良なツールでも
ご本人が自分から受けてみたい
という場合にしか有効ではないのです

でもどうしても受けて欲しいんです
という場合は
あなたがセッションを受けることを
お勧めいたします

なぜそう思うのかを紐解くことは
あなたの成長に必要なのかもしれません

無料個人セッション

無料個人セッションはこちら

無料個人セッションをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください