久しぶりに泣きました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに泣きました

こんにちは
人生の助産師 市之瀬麻子です

このメッセージ
誰かに書いているようで

実は
わたしに書いているんですね

先日は
尊敬するセラピスト
原田みきさんに
セッションさせていただきました

みきさんは
スピリットロミロミ©︎を提供していて
光の存在とも会話できる方

セッションが終わって
今後の展開などを
お話ししていたら

突然異変が…

 

急に頭が下がってきて
ズーンと身体が重くなって
周りが重たい

みきさんの表情もかたく
どうしたの?何かあった?と
かたまっている

この重ーい空気を
みきさんも感じていて

わたしに
怒っている?
と聞いてくれました

わたしには
何が起きたか分からなくて

とにかく
身体も周りの空気もズーンと重たい

今解決した方が良さそうだね
必要があって起きているんだろうから
と みきさんがおっしゃって

わたしも
このまま帰るような状態ではなくて
みてもらうことにしました

だって
このエネルギーは
わたしのものじゃないし
何者かが来ているに違いない!

そう思ったのに
この現象は
わたしの課題のよう

ベッドに横になってから

わたしに
このエネルギーが何か聴いてくれました

嫉妬?
怒り?

怒り
とわたし

自分?
家族?
誰か他の人?

これは生きている人ではない
知らない人
でもわたしに関係がある人

答えたけれど
誰だかわからない

これが憑かれるということなのか?
と思っていたけれど

みきさんがおっしゃたことは
意外なことでした

わたしから強いエゴを感じる と

エゴ!
これはエゴなの?

みきさんは
こうおっしゃいました

麻子さん
聖人になろうとしていない?

タッチフォーヘルスを知って
これが素晴らしいものだと思って

タッチフォーヘルスを作った方や
これを伝えている
素晴らしい方達のように
なろうとしていない?

完璧を求めて
ちょっとでも違うものは受け入れない

その硬さが隙を生んでいるんだよ

これを提供することは
素晴らしいことだと思う

でも
麻子さんは麻子さんで
他の誰でもないし
聖人でもない

俗世に生きている
人間なんだよ

ちょっとしたことにイライラしたり
泣いたりする
人間なんだよ

他の誰かになろうとしなくていいんだよ

 

確かに

タッチフォーヘルスが
唯一素晴らしいものだとは
思っていないけれど

そう感じようとしているところがある

まだ始めたばかりの身だし
守破離の守の段階

先生がおっしゃる通りになろうとしていた

おっしゃる通りになろうとして
まだ軸が定まりきれていない わたし

頑なに
こうあるべきを求め
違うものを排除しようとしていたみたい

わたしの中に怒りがなければ
怒りの感情を引き寄せるはずがないのだし

これはわたしが起こしたんだ

自分じゃないって
いやいや
自分でしょう

本当に
これから進むにあたって
解決しておいた方がいいことが起きました

 

みきさんは

自分一人でやろうとしないこと

もっと周りの
高次の存在に委ねて
一緒にやっている感覚を持つこと

何があったとしても
それを受け入れて

癒して
お返ししてあげられるくらいの
余裕があるといいよね

あなたが宇宙なのだから

おっしゃいました

 

そうですね

今は
殻に閉じこもって
バリア張っているようなものでした

来るなと言って
余計引き寄せている

そうではなくて

もっと柔軟な存在であることを
すっかり忘れておりました

怒りもぐちゃぐちゃしたものも
全部持っている

生身の人間だからこそ
わたしの役割があることを

忘れておりました

**

その日は
あ〜まだまだだったな…
と思うと

とても向き合う氣がしなくて
ビール飲んで寝てしまいました

翌朝

起きたら背中がバキバキに痛い
痛さMAX10って感じ

食器を洗いながら
昨日のことを
思い返していたら

小学生の頃を思い出しました

優等生いることが辛くて

悪いのはわたしじゃない
周りがすべて悪いんだ
と決めたことを

そうしたら

ものすごく楽になって

ああ
いい方法を見つけた
と思っていたけれど

どんどん周りからは孤立して
どうしたらいいかわからなくなったことを

まだそこから離れきれていなくて

何かあると
わたしは悪くないもんと
バリアを張っていること

ああ

あなたはこうした方がいいよ
あなたの道はこっちだよって
誰か教えてくれたらいいのに!

そう思った途端

自分でそれ書いたじゃん
と思い出しました

こういう時は
身体に聴けばいい

先日自分で書いたばかりでした

でも
状態チェックなんてやる氣がしない

そんな氣が起きないや…
自分で書いていて使えないや…

と思っていたら

一番簡単な方法を思い出しました

おでこに手をあてる
それだけ

洗いものしていたから
手が使えなくて

おでこに手をあてるイメージを
してみました

いいよ
いいよ
いいよ

って声がして
涙が溢れてきました

いいよ
いいんだよ
って言ってくれている

今悩んでいるままで
そのままでいいんだよ と

そうか
わたしはまだまだ伸び代いっぱい

悩んで
ドロドロして

ぐちゃぐちゃしていても
いいんだって

そう思ったら
ただただ泣きたくて

泣き終えたら
スッキリ♪

氣がついたら
背中の痛みが消えてて

痛みゼロ!

 

そうかそうか
これが必要だったのね

わたしもまだまだこれから
伸び代いっぱいなのね

今いる誰もが
伸び代いっぱい

だから色々あって楽しいのね

わたしも
あなたも
伸び代いっぱい

そんな自分を抱きしめよう

わたしは
どんどん わたしになっていこう

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください