市之瀬 麻子

やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-99

【魔法その1 感謝が種を育む-99】   「この幼稚園の先生はみんな素晴らしい先生です。 気に入らないことがあるなら、子どもさんにやめてもらってもいいのですよ。」   思わず声が出そうになるのをグッとこらえて「この先生に一生ついていこう...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-98

【魔法その1 感謝が種を育む-98】   「え?」   誰にやめてもらうの?後輩の先生が辞めさせられるの? とびっくりしてコッソリ聞き耳を立ててしまいました。   辻中公著 ごま書房新社『あなたの"可能性の種”を咲かせましょう』より...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-97

【魔法その1 感謝が種を育む-97】   ある日、何やら保護者と園長が話をしているのを、たまたま通りかかった私は聞いてしまったのです。 「やめてもらってもいいのですよ。」   辻中公著 ごま書房新社『あなたの"可能性の種”を咲かせましょう...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-96

【魔法その1 感謝が種を育む-96】   私が働いている当時、何度も幼稚園に苦情を言いにくる保護者がいました。 担任に言いたいことがあるというのです。後輩の先生でしたが明らかに疲労困憊していました。   辻中公著 ごま書房新社『あなたの"...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-95

【魔法その1 感謝が種を育む-95】   園長先生は信念を持ってこのようなことを教えていらっしゃいました。   それを物語るエピソードがあります。   辻中公著 ごま書房新社『あなたの"可能性の種”を咲かせましょう』より      
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-94

【魔法その1 感謝が種を育む-94】   「通勤時間、休日」   常に教育者であることを忘れない。一人ひとりが川西幼稚園の看板を背負っているという自覚を持って行動すること。園児・保護者の話は園外では絶対にしてはいけない。   辻中公著 ...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-93

【魔法その1 感謝が種を育む-93】   「掃除」   雑巾を洗う時は付いているゴミを取り除いてから洗うこと。ほうきは板の目にそって使うこと。窓の桟、見えないところを念入りに掃除すること。   辻中公著 ごま書房新社『あなたの"可能性の種...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-92

【魔法その1 感謝が種を育む-92】   「立ち居振る舞い」   部屋、廊下は走らない。足音を立てて歩かない。ドアの開閉は音を立てない。   辻中公著 ごま書房新社『あなたの"可能性の種”を咲かせましょう』より    
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-91

【魔法その1 感謝が種を育む-91】   「台所」   お茶碗を洗う時は絶対に音を立ててはいけない。水を流しっぱなしで洗いものをしない。先生同士でお菓子を食べるときにも「いただきます」「ごちそうさま」を言うこと。   辻中公著 ごま書房新...
やまとしぐさ

魔法その1 感謝が種を育む-90

【魔法その1 感謝が種を育む-90】 「電話」   電話に出る時は3コール以上お待たせしたら「お待たせいたしました。〇〇幼稚園〇〇でございます。」ということ。受話器は音を立てずに置くこと。電話は先に切らないこと。   辻中公著 ごま書...
タイトルとURLをコピーしました