魂の喜びを追求する

やまとしぐさ
【自分も相手も喜べる行いをする やまとしぐさ】
 
喜べる行いとは
どんなことか考えてみましょう
 
相手が笑顔になれること。
私も笑顔になれること。
自分で自分を褒めることが出来ること。
その行いで晴れ晴れとした気持ちに慣れること
自信を持って出来ること。
 
小さなことに気付き喜べることも素敵なことですね。
 
辻中公著 ごま書房新社
『魔法の日めくりメッセージ』より
 
**
 
自分も相手も喜べる行いをするのは
令和2年の生き方のテーマです。
 
 
喜びをどこまで掘り下げることが出来るかで
来年のスタートのレベルが決まります。
 
日常の小さな喜びの奥行きを感じましょう。
 
自分の魂が喜ぶことは
決して独りよがりの喜びにはならないはずです。
 
楽しい一年を
追求していきましょう。
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました