日本の伝統文様「石畳」文様 「市松」文様

やまとしぐさ
令和2年2月
「石畳」文様
「市松」文様
 
古墳時代より埴輪の服装などにも見られる歴史の古い折模様。
その柄は、途切れることなく続いて行くことから
「子孫繁栄」「事業発展」の意味が込められ
縁起柄として使用されてきました。
 
辻中公著 ごま書房新社
『あなたの才能が輝く!“やまとしぐさ”お稽古』より
 
 
東京2020オリンピックでもマークに使われていますね
 
辻中公 オーストラリア講演会より。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました