「ごちそうさま」

やまとしぐさ
親指にはご先祖様・お父さんなどと言う意味があるので
親指を見て言うことで
周りの方への感謝の心が育まれます
 
辻中公著 ごま書房新社
『魔法の日めくりメッセージ』より
 
**
 
手足の指を呼ぶときに
親指は、お父さん
人差し指は、お母さん などと教わるのは
他の国にはないのだそうです。
 
私たちは、食事を頂く度に手を合わせて
「いただきます」
「ごちそうさま」と言います。
 
これは、命のルーツであるご先祖様に向け
「頂いた命の分まで生きます」と
三度三度、宣言しているのです。
 
もし、自分がとうの昔に亡くなっていて
そんな生き方をしている子孫を見たら
応援したくなりますね。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました